用紙のないタイムレコーダー!?紙ベースではない集計作業ができる!

タイムレコーダーに時間を打刻

企業が社員の勤怠を管理するために多くの企業ではタイムレコーダーが利用されていたのです。ひとりひとりに1カ月単位でタイムレコーダーに入れて打刻するための用紙が与えられて、出勤したら時間をタイムレコーダーに入れて打刻し、帰宅時にもタイムレコーダーに入れて時間を打刻します。これにより企業の人事は社員の出勤退勤を管理して、時間外給与を計算したり、また休日管理の面では、有給や振休、代休の管理をおこないます。

カードキーをかざして情報集計

しかし毎月紙ベースのタイムカードの用紙を社員に配布する時間とその経費負担を考えて、また最近のインターネット環境の普及によって、出勤退勤を従前のタイムカード以外の方法で管理するようになっています。社員ひとりひとりに事務所に入る場合のセキュリティ用のカードキーに出勤退勤の機能を付与して、出勤したらその専用のコードリーダーにカードをかざすことで、その人の出勤時間を管理して、また同様に退社する際にかざすことで退勤時間を管理し、その情報をデータとして集計し計算ができるようになっているものもあります。

インターネットの普及とそれを仕事に取り入れること

これによりタイムカードの用紙の費用も削減され、また業務においても従前のタイムカードの数値を計算して勤務時間、残業時間を計算していた時間も、この方法では機械が全てを計算して結果だけを知ることができるために、集計作業を短縮できます。社員数が多い企業であれば毎月の重たい作業もこれにより簡単に集計することができるようになっています。時代の変化とともに仕事の進め方も変わってきており、インターネット環境を利用した処理が今では普及してきています。

タイムレコーダーとは、時刻、時間を計測する機械のことです。勤怠管理に使用される場合、物理的にカードに打刻するものから、セキュリティと連動して磁気カード読み取り時刻を記録するものなどがあります。