秘書の派遣?秘書として働くには何が必要?

秘書として派遣される為には何を準備すればいいの?

秘書になる為には保育士免許や教員免許といったような特別な資格は必要ありません。ですが、企業が秘書として人材を採用する場合は、派遣社員であっても即戦力を求めている場合が多いでしょう。秘書は重役の傍で業務を行う為、ビジネスマナーや社会人としての常識やスキルが求められますよね。よって、秘書検定や国際秘書検定といった秘書としての能力を周囲にアピール出来る資格を取得する事が大切となってきます。資格を取得することは秘書として働く為の準備にもなりますよ。

派遣秘書はどのように働いているの?

派遣されている多くの秘書は3ヶ月から半年といった期限内で働いています。企業に日頃の仕事に対する姿勢が評価されると、期限を延長される場合もありますが、派遣社員として働いている限り労働期限は必ずありますよ。しかし期限付きの契約ではありますが、実際に行う業務内容は正社員として働いている秘書と同様の内容を行う事が多いでしょう。また、給料や待遇は正社員と比較すると劣りますが、短い期間だけ働きたいという人にとっては秘書の派遣はやりがいのある仕事となるでしょう。

派遣の秘書から正社員への秘書になるには?

派遣の秘書として働いている内に正社員として秘書の業務を行いたいという考えが浮かびますよね。派遣社員から正社員にランクアップする為には紹介予定派遣の制度を利用する事で正社員への道が開きますよ。紹介予定派遣は正社員になる事を前提として一定期間を派遣社員として雇用するという内容です。派遣の秘書から正社員の秘書となる事は難しい道ですが、経験とスキルを積み重ねていく事で正社員へのステップアップが可能となるでしょう。

秘書の派遣は様々な企業での経験がキャリアを積むことになり、今、若い女性に人気の職業です。いろんな業界の方との人脈も広がります。