電気製品の知識があれば自作することだって可能!

要らなくなった電気製品!

皆さんはご家庭で壊れてしまったり、古くなった電気製品はどのように処分されているでしょうか。リサイクルショップに売る人もいれば、粗大ごみとして回収依頼をかけたりする人もいるでしょう。古くても買い取ってもらえるような製品ならお金に換えることができますが、製品の一部の機能が失われてしまったり、完全に故障してしまったものに関しては、電気製品として機能しません。しかし、壊れたしまった製品の中にある部品を単体として見れば、まだまだ使える部品であることが多いのです。

壊れてしまった電気製品は宝の山!

電気の智識が全くない人にとっては、電気製品に使用する部品などガラクタ同然ですが、反対に電気製品ついて詳しい知識を持っている人にとっては、壊れた電気製品はまさに宝の山と言えます。一般的には電気製品は買うものであり、作るものではありません。しかし電気工事士の免許を持っている人や、趣味で機械いじりをする人なら、電気製品を自作することは十分に可能でしょう。捨ててしまうような電気製品を分解すれば、正常に動いてくれる部品を取り出すことができます。

自作で電気製品を作る!

自作可能な電気製品にはどんなものがあるでしょうか。自作のパソコンを使用しているという人も多くいますが、自作キットとして販売されているものとしてはパソコンが有名です。熱を感知するセンサーがあれば、トイレや洗面所、廊下などで自動で付いたり消えたりするライトも作れます。初心者でも自作用の単体部品などを購入すれば意外と簡単にできます。不要な電気製品から代用できる部品を取り出して作ってしまう人なら、まちがなく上級者と言えるでしょう。

プリント基板設計では、電子回路を基板上にどのように配置し配線するかを決定します。製造の手間や、動作時に発生する電気ノイズの有無を左右する大切な工程と言えます。